メンヘラ女性と交際トラブルを起こした結果……

mental health woman 191x300 - メンヘラ女性と交際トラブルを起こした結果……

一体どこで間違えたのだろうか……

私は現在46歳の男性です。
31歳の時に衝撃的な体験をし、それ以来女性と深い関係になるのを止めてます。
私はこのまま結婚もせず老いていくべきだろう……と現在も悩み続けてるほどの出来事でした。

結果としては女性に自決されたんですが、これには私を女性不信にさせた背景も関係しています。

初めて付き合った女性は浮気性

私が20代の頃。

初めて交際した女性に酷い仕打ちを受けました。

同じ学生の頃はトラブルなく付き合えていたのですが、彼女が就職して一人暮らしをしだした頃に、出会い系サイトで浮気をされたのです。

しかも一人ではなく何人かわからないというぐらいの人数とです。

ホスト相手にも体を許していたそうです。

気づいたきっかけは彼女から性病をうつされたことでした。

初めての性病だったこと、自身には性病をもらう心当たりがなかったのとで治療は遅れ、治療中は医師に前立腺のチェック(お尻の穴に指を入れられる)までされました。

医師に彼女の性病を確認したことがあるか問われ、したことがないと答えると、万が一感染しているといつまでたっても治らないので彼女にも確認するように言われました。

そこで彼女に、何か性病をうつされるような事をしたのかと尋ねて彼女の浮気が発覚しました。

特定の男性相手ならまだしも、誰から性病をもらったかわからないぐらいの浮気をしてるのはとてもショックでした。

本当ならこの一件で別れればいいのに、初めて出来た彼女だから……と彼女との関係を続けました。

しかしこの件から三ヶ月後にはもう他の男性と浮気し、挙句に彼女の方から振ってきました。

私は出来れば別れたくありませんでしたが、彼女は着信拒否をして電話には出ず、メールをしても返事が来なくなってしまいました。

人の良い私は、もしかして以前の浮気を悩んで?と焦ったのですが、実際は新たな男性とずっとイチャイチャしてただけでした。

女性はたくましいですね。

女性運のなさから逆に交際関係が派手に

そして次にまた別の女性と交際した時の事。

今回も遠距離恋愛になった途端にまた浮気をされました。

そして今回もまたまた出会い系サイトで知り合った男性との浮気が原因です。まあ前回のように性病を移されたりといったことはありませんでしたが……。

それ以来すっかり女性不信となってしまった私は、女性は浮気をするものだ、男の浮気ばかり上げる癖に、実態はあいつらも気持ちよければなんでもいいのだ、と女性をただの性処理道具として考えるようになってしまいました。

これ以降、私の女性との関係は派手になり、何股はわからない程複数の女性と関係を持ちました。

朝はサボリの女子〇生と夕方まで、夕方には学校帰りの女子〇生と夜まで、夜からは仕事帰りのOLと夜中まで、夜中からは仕事帰りのキャバ嬢と……いう感じで一日3.4人と会って関係を持ったりしたこともあります。

女性と出会う方法は簡単です。主に出会い系サイト、テレクラ、これらを利用しただけの話です。

20代半ば~31歳までに多分1000人以上の女性と関係を持ってたと思います。

ある時、とうとう「運命の女性」に出会った

こんな感じで派手な女性遊びをしていたある日、26歳の女性(A代)と知り合いました。

IMG 7965 300x200 - メンヘラ女性と交際トラブルを起こした結果……

A代との出会い

A代は男性との交際経験は一名で、別れたばかり。

知り合った時の彼女の職業は介護士でした。

職業柄夜勤の多い不規則な生活の為、男性とも知り合う機会がなかったようで出会い系サイトを利用したようです。

A代の外見は良くなく悪くなくといった感じ。身長162.3cmに体重55kgぐらいのスタイルです。

黒髪ロングのストレートで、真面目っぽい雰囲気の女性です。A代とは、会ったその日はドライブのみ。

二回目に会った時に関係を持ったんですが、これがすごく好印象だったようです。

こういうのって会った当日にするものだと思ってたのに、こういう紳士な人もいるんだ……と。

それから月数回ペースで会うのを三ヶ月ほど続けました。交際が落ち着いて来た頃、何故かA代は仕事を辞め、無職のまま仕事にも就かずブラブラするようになっていました。
それだけならまだしも、再就職をする素振りも見せず、私のお金をあてにするようになってきたのです。

さすがに段々嫌気がさしてきました。

ただでさえ行きずりの関係。こんな状態で交際を続けたいはずがありません。

思いきって別れを告げました。

すると別れたくないとごね始めたA代は毎日電話を掛けて来るようになりました。その回数も半端な回数じゃありませんでした。

ストーカー化したA代……

どのくらい酷かったかと言えば、当時の携帯はガラケーだったのですが、その着信履歴がすべてA代になるぐらいでした。
逆に考えればわかると思うんですけど、ここまでされてA代と関係を続けたいと思うわけありません。

A代が電話をしてくる度にドン引きするだけです。

A代からの電話を徹底的にスルーし続けていると、今度は私の自宅の前で待ち伏せをされるようになってしまいました。待ち伏せされているのはA代の車でわかりました。

私の帰宅時間が普通に18時とか19時なら待ち伏せも普通にありえるかと思いますが、当時の帰宅時間は深夜23時だったり翌5時とかでした。

かなり不規則だったのです。

それにもかかわらずある日、朝4時頃に帰宅したらA代が自宅前で待ち伏せしてて、心底驚きました。

別れたくないA代が必死になるのはわかりますが、これは完全にA代の一人相撲なんですよね。

朝4時まで待ち伏せする女性なんて、ただただ気持ち悪いだけ。

ますます私はドン引きするだけです。

頑なにA代を避け続けていた私ですが、ある日とうとうA代につかまってしまい、カッターナイフで刺されそうになってしまいました。仕方なく条件付きということでA代との関係を続けることにしました。

ここで面倒に思って警察に行かなかったことを、本当に後悔しています。

条件付きで交際を続けることにしたが……

私が提示した条件というのはA代が年内に再就職するなら交際を続ける、というものでした。

この頃は9月だったので、三ヶ月猶予を与えるという感じでしたね。
本来ならこんな措置も取りたくなかったんですけど、刃物を持って向かって来られたらどうしようもありませんでした。

一応当面の危険は回避出来ましたが、三ヶ月後にはまた修羅場が待っていました。

専業主婦を狙っているらしいA代は当然のように就職もせず無職のまま。私はこの間一切金銭的にA代にかかわっていませんでしたから、ずっと親の脛をかじっていたのだと思います。

条件を守れなかったのですから、当然別れ話を切り出しました。

こちらとしては一度譲歩してますし、今回は絶対に譲れないからと突っぱねました。しかし以前同様、時間や迷惑の概念が欠如した待ち伏せが続きました。

このままでは以前のように刃物で脅されるのは目に見えてます。

そこで私は、帰宅時にA代の車を見つけたら、その日は自宅には帰らずマンガ喫茶やビジネルホテルで外泊するようにしました。

もしA代の車が無かったら車を500mほど離れたコインパーキングに停め、車で在宅をバレないようにして帰宅。
自宅に居てる時は部屋の電気を一切つけず、外からバレないようにしました。

一応、事ここに至って漸く近所の交番にも相談に行ったのですが、痴情のもつれとまともに対応してもらえませんでした。

今ならわかりませんが、この頃は今から15年ほど前です。
関係を持ったなら自己責任、痴話喧嘩もほどほどに・・という感じで何も対応してもらえませんでした。

逃げ続ける日々に唐突な終わりが……

こんな感じで延々とA代から逃げていた私ですが、ある日からずっと自宅前にA代の車が停まっているようになりました。

それまでは毎日ではなく、週数回程度だったのです。

いつ帰っているのかと不思議に思うくらいずっと車を停めてるので、まったく自宅には帰れません。

さすがに直接対決は避けられないかと腹をくくり、相談していた友人と一緒にA代の車へ向かいました。

私がA代の車の助手席のドアをコンコンとノックしても、何も返事はありません。

なんとなく嫌な雰囲気を感じ、私は一歩引きます。

もし私だけならここで逃げてました。

しかし友人は前に出て、ドアを開けました。

カギはかかっておらず、簡単に開きました。

しかし助手席と運転席には誰もいません。

ただ奇妙なな臭いが漂ってきました。

車はあるのにA代はいない・・もしかして後部座席か?と思って後部座席のドアを開けました。

すると後部座席にA代が寝てます。

寝てたか・・と安心したものの、今回は話し合いに来たわけですからA代を起こさないといけません。

私がA代に声を掛けても起きませんし、体を揺り動かしても起きません。

友人がA代の体を強くゆすると、A代の体は後部座席から床にゴロンと転げ落ちました。(冷凍マグロがゴロンと転げ落ちたような感じ)

座席から床まで数10cmありますし、結構な衝撃です。

でもA代からの反応はなし。

ここでやっとA代は亡くなってるんじゃ?と気づきました。

車内から漂っていた奇妙な臭いは死臭だったんですよね・・・。

気づいた私は足をガクガク震わせてボーゼン状態。

友人はそれなりの修羅場をくぐっていたからか、冷静に救急車を呼んでくれました。

救急車を待ってる間、亡くなってる等の死を連想することは言うなとキツク言われました。

あくまで女性が車内で動かない、調子が悪いのかも?と思って電話をしたと言えと。

救急車が到着し、救急隊員による確認がされましたがやはりA代は亡くなっていたようで、ほどなくして警察もやってきました。

幸い以前交番に相談しにいっていたこともあり、私がストーカー被害に悩んでいることは情報としてあったことが大きかったのでしょう、現場では色々聞かれたものの、その後事情聴取などで警察から呼び出されることはありませんでした。

もちろんA代の親からアプローチされることもなく、民事・刑事共に処罰はなし(まあ悪いことは一切してませんけどね)。

この出来事が大きなトラウマに

しかしこれが私の中でトラウマとなったんです。

A代と関係を持ったのはわずか半年たらずでしたが、交際期間がすべてではないんですよね。

それぐらい今回の件はショックでした。

もう少しA代に優しくしてあげていたら、もっと電話に出てあげていたら、別れるにせよもっと違う方法があったのでは?

と自責の念にかられました。

自分の女遊びが原因で女性をこんな目に合わせてしまった……なんてそう簡単に他人には言えませんし、自分の中で抱え込みました。

そしてそれ以来私は女性遊びを一切しなくなり、こんな自分が平和な家庭を築くわけにはいかない……と現在も悩み、現在も独身のまま過ごしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする