副鼻腔炎の再発を恐れて

NO IMAGE

スポンサーリンク

?ただの鼻水と侮るなかれ?

f:id:c7corvette1327:20171020165838j:plain

私は仕事柄色々な手術に立ち会います。そういうと大抵の人は血がたくさん出て見てられなさそう、とか脳の手術とか気持ち悪くなりそうと言いますが、実際問題心臓血管外科や脳外科の手術は気持ち悪さはなく、普通に見ていられるものです。慣れかもしれませんが…。

腹腔手術なども腸管などを切ったりするところを見て気持ち悪いということはあまりなく、それより下部消化管で排泄器官が関わってくると、汚物のにおいのほうが辛かったりします。

そんな私でも、耳鼻科の手術はちょっと見ていて痛々しいものがあります。鼻の中や耳の中を手術すると自分の鼻の奥がツーンと来るような感じすらしてしまいます。何故なんでしょうね…?

慢性副鼻腔炎の手術などは耳鼻科では割とメジャーな手術ですが、できれば手術など大ごとになる前に何とかしたいもの。

M郎さんもそんなあわや手術という体験をしたそうです。

想像すると身震いが…。

一昨年の秋に、風邪をこじらせました。

最初は一般的な風邪の症状のみだったのですが、微熱や体のだるさが続くのでおかしいと思っていたところ、ある日突然大量の鼻水が出てくるようになりました。

鼻を何度かんでも、きりがありません。体中の水分を全て鼻から出しているのではないかと思うくらい、すごい量の鼻水が出続けました。

しかもその鼻水が、普通とは異なっていました。

まるで深い沼のような緑色をしていて、しかも液体とは言えないほどドロドロなのです。たとえるなら、固まりかけた木工用ボンドです。

それに緑色の絵の具を混ぜたようなものが、鼻からとめどもなく溢れてくるのです。

これはただの風邪ではないと思った私は、急いで耳鼻科を受診しました。そしてそこで、「副鼻腔炎」と診断されました。

副鼻腔炎とは、鼻の周辺にある4箇所の穴に細菌が入り込み、増殖する病気です。風邪などで免疫力が著しく低下した時に、発症する可能性が高くなるそうです。

鼻水の正体は、免疫力によって撃退された細菌です。細菌が増殖し続ける限り、鼻水は出てくるとのことでした。

私は、自分の鼻水の量を考えてゾッとしました。大量の鼻水が出ているわけですから、私の鼻の奥には、それだけ大量の細菌が潜んでいて、しかも増殖を続けているわけです。

スポンサーリンク

気持ち悪くなり、医師に治療をお願いしたところ、医師はすぐに細菌の増殖を抑える抗生剤を処方してくれました。それを服用したことで、嬉しいことに私の鼻水は3~4日でかなり減りました。

しかし医師によると、副鼻腔炎は再発しやすい病気だそうです。

細菌が完全にいなくなるわけではないので、免疫力が低下すれば、すぐにまた増殖を始めてしまうらしいです。

そのため私は、医師の勧めで抗生剤の服用をしばらく続けることにしました。増殖をしっかりと抑え続けるために、少し弱めの抗生剤を4ヶ月ほど飲み続けたのです。

処方と経過観察のために毎週耳鼻科に通わなければならなかったので、仕事との兼ね合いが少々大変でしたが、再発を防ぐために頑張りました。その甲斐あってか、今のところ再発はしていません。

しかし風邪気味になると時々、鼻の奥がツーンと痛くなることがあります。大きな声を出した時も、少しですが痛みます。おそらく副鼻腔炎の影響で、鼻の粘膜がデリケートになってしまっているのだと思います。

弱っている分、少々の細菌でも入り込んでしまいそうで怖いので、耳鼻科に頼るだけでなく、自分でも再発を防ぐ努力を続けていこうと思っています。

私から皆さんへのアドバイスを

もし皆さんが、私のような症状になったら、副鼻腔炎を疑ってできるだけすぐに耳鼻科を受診することをお勧めします。

なぜなら私自身が医師に言われたのですが、治療せずに放置しておくと、それだけ細菌がしつこく残るようになるからです。

これにより、治療が一層長引く可能性がある上に、蓄膿症となるリスクも高まります。

私は鼻水が出た翌日に受診しましたが、それでも治療には4ヶ月以上かかりました。蓄膿症になれば、年単位での治療や手術が必要となることも多いそうです。

それを防ぐためにも、緑色の鼻水が極端に多く出てくるようになったら、早めに受診してください。

また、ただの風邪の段階で受診すると、もっと良いと思います。

なぜなら風邪をひくと免疫力が下がるため、副鼻腔炎だけでなく、細菌性の別の病気の発症率も高まるからです。

それを防ぐため病院では、医師にもよりますが、風邪の患者に軽い抗生剤を処方しています。私も風邪の段階で抗生剤を飲んでいれば、副鼻腔炎にならずに済んだかもしれないと思っています。

そして、鼻うがいをすることと、果物を食べることもお勧めします。鼻うがいは鼻水をためないようにするために、果物は免疫力を高めるために必要だと思います。

ただしグレープフルーツなどの柑橘類は、私の場合だけかもしれませんが食べると鼻の奥が痛むため控えています。そのため私は、梨や桃やバナナなど甘い果物を食べるようにしています。

病気カテゴリの最新記事