パニック障害はなぜ誤解されやすいのだろうか?

NO IMAGE

スポンサーリンク

突然胸が苦しくなったり、息切れがしたり、身体が震えて止まらなかったり、眩暈がしたりといった経験をしたことはありますか?

こうした状態になってしまって、「このまま死んでしまうのではないか」という不安感と恐怖に強く襲われてしまう症状を「パニック障害」と言います。

一般的なイメージはどういうものでしょう。

私の印象ではなんとなく精神病? 神経症? そもそも病気なの? というイメージを持つ人が多い気がします。

さて今回はそんなパニック障害にかかってしまった方の体験談です。

実際に自分がパニック障害になった時は俄かに認められず、別の病気だと思っていたという彼女の場合は、いい医師に巡り合えなかったのか頭から気の病だと決めつける医療が信じられなくなり、医療不信に。

その顛末を語ってくれました。

「パニック障害」の一般的な認識とは?

今回は私が以前かかったパニック障害の体験談を話そうと思います。

突然心臓がバクバクして息苦しくなり、死ぬのではないかと思う発作が何度も起こりました。当然何か心臓の病気かと疑って、病院に行って検査をしても特に病気は見つからず、気のせいだとまで言われました。

苦しい思いをしているのは事実なのに、理解して貰えず辛かったです。

最初にかかった病院ではそんな対応でしたので、次に神経内科にかかりました。

神経内科を紹介されたわけではなく、自分で判断してですけど、最初の医者からは何も教えてもらえませんでしたので。

その時はまだ自分がパニック障害という自覚は無く、こんな風に突然胸が苦しくなって息切れがしたり冷や汗がでるんだから何らかの病気が隠れているに違いないと思っていました。

そうしたら神経内科の先生は「器質的な異常は何もないから精神的なものではないか」とおっしゃいました。

まさかそんな、自分が精神病? と最初は訳も分からずまたそこでパニックになってしまいました。そしてその場で抗不安薬を打たれました。

一応その場で落ち着いて、改めて心療内科を受診することになりました。

当時の私の、というより世間一般の心療内科に対するイメージというんでしょうか。精神病的なものというとなんだか自分が気が狂ったのかという不安に駆られてしまって。

私は心療内科とか精神科というところは、うつ病とか二重人格の人がかかるところだと思っていたのです。

そのくらい、その当時は精神科とか心療内科といったものにいいイメージがありませんでした。最近では精神科という言い方自体が気にされ過ぎているのか、メンタルクリニックなどに名称変更しているところもあるようです。それも私みたいな偏見を持ってる人が多かったからなのでしょうね…。

この時の心療内科では、大量の薬を出されるだけでした。抗うつ薬と抗不安薬です。

もうこれさえ飲んでれば大丈夫と言わんばかりでした。

一応パニック障害の治療としては段階的にまずは薬を飲んで症状を抑えて不安を取り除いてからと治療していくそうですが、当時はもう必死ですから、訳の分からない病気で薬漬けにされて堪るかと…。もしかしたら最初に症状を信じてもらえなかったおかげで変な風に意固地になってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

実際に頂いた薬で、確かに症状は抑え込むことができてたんですが、長期間服用していると段々なんだか自分が人じゃないような、生きてる実感が薄れるような感覚がしてきて、この薬は大丈夫なのかと不信感が増すばかりでした。

薬を飲んでても変な感覚になること自体が不安で仕方なくて。追い打ちをかけるように酷い不安感が出てくると自宅から一歩も出られなくなることもありました。両親は私が病気かも知れないと信じてくれず、ただ我儘で引き篭もっているだけだと思っていたようです。

誰からも信じてもらえなかったことが、ますます周りを信用できないことに拍車をかけたように感じます。

薬は嫌でしたが、息切れや動機、頻脈などは薬で収まるので発作が出るたびに仕方なく飲んでいました。でも逆に不安感は増すばかりでした。自宅に篭るようになり、不安感から自分の症状をネットで調べたりしていました。

そこでパニック障害の体験者の集いみたいなサイトを見つけました。

そこで知り合った経験者に自分の状態を相談したりして。同じ経験をしているのでやはり医者より親近感が沸きました。

そこでは薬はすぐにでもやめた方が良いと言われました。

薬をやめた後は、呼吸法を教えて貰い、腹式呼吸で自律神経を安定させる方法を学びました。

普通は離脱症状とか出るそうですが、私の場合は特に何もありませんでした。いやいや飲んでいて、言われていたより量が少なかったからかもしれません。

そのサイトでは様々な対処法を紹介していて、発作が起きた時にツボ押しや便利グッズなどがあることを知り、実践しています。

今では薬を飲まずとも、普通に外出したりすることが出来るまで回復しました。

時々まれに発作が出ることもありますが、当時に比べたらだいぶ回復したと思っています。私が薬に頼らずここまで来られたのもそのサイトのお蔭だと思っています。

医療に頼らなかった体験は参考にはなるが、薬のコントロールには気を付けて!

f:id:c7corvette1327:20171001130428j:plain

パニック障害の原因の一つに、なにかしら不安になる要素があって、どうしようどうしようと悩んでいるうちにさらに不安感が増してしまい、結果としてさらにパニックを起こす「負のスパイラル」というものがあります。

今回の体験者が語ってくれたことは、ネットで知り合った同じ症状を共有する仲間が実践した方法で、体験者さんにとっては薬よりもすごく信ぴょう性が高かったのだと思います。

ネット情報を鵜呑みにしたり、薬をいきなりやめたりすることの善し悪しはさておいて、少なくともこの方は、そのサイトの仲間からの情報のおかげで不安がある程度取り除かれたことによって、パニック障害を乗り越えるきっかけになったのは事実です。

本来であれば、定期的な服用をしている抗うつ薬や抗不安薬は、いきなりやめてしまうと離脱症状というリスクがあるのでお勧めできません。 可能な限り減薬を主治医の先生と相談する方がベターです。

病気カテゴリの最新記事